棚10F支援アクビまとめ

 04, 2010 06:52

温もりでも非温もりでも支援アクビのやることはそんなに変わらない。

 

AGI支援アクビでも避けないアクビでも位置取りがやや変わる位。

 

■スキルセッ

1.高レベル単体キリエ

 ないとお話にならない。8~10推奨かな。

 前衛さん、拳聖さんに連打する。

 ベースに帰ってくる頃にはキリエは消滅しているかズタズタなので、

 余裕があればちょっと前にでてかけ直し。(帰還ルートの邪魔はしないように。。)

2.サンク

 必須。教授さんにハイネスを使う余裕が無い場合が多いので、

 常時置いておく勢い。

3.ルアフ

 必須。隠れたタナトスの悲しみをあぶり出さねばなりません。

 拠点中央で教授さんがサイトを焚いてくれている場合は、

 前よりの支援が焚いておく。カート職さんがアイテムを拾いにいくときなど、

 襲われやすい。あぶり出して拳聖に位置を教える。

 ルアフだとタゲを取ってしまう可能性がるので、前側であぶり出す支援は、

 AGI支援推奨。

4.SW

 強く推奨。自分がタゲられたとき、後衛がタゲられたとき。

 緊急で出すものなので、LV10推奨。

 一瞬でも釣りさんのHP減少を先送りしたいときに、停止した釣りの足下に。

5.プラエ

 推奨。5~10スキル取得計画にそってお好みで。

 単体キリエをちゃんとこなせば、なくてもなんとかなる。 

 逆にプラエで単体キリエの代用は利かない。

 この狩り場では連打できることに意義がある。

 LV7以上を使うなら前衛さんが釣りにいく直前。

 サクラメントがかかっているのであれば、同時複数人がタゲられたとき、

 緊急で使用。サクラがないなら、キリエをかけた方がマシ。

6.ハイネスヒール

 必須。スキル取得計画にそって取得レベルはお好みで。

 ただSCにセットしておくのは1の方が使いやすい。

 LV1ならクールタイム3秒というのが魅力。

 前衛さんが壁際で耐えるシーンで

 キリエ連打しているなかに、すばやくハイネスを混ぜる。

7.コルセオヒール

 必須。サンクよりも短い詠唱で、離れた位置までも回復できる。

 取らない支援アクビっていないよね。。。

8.全体速度、全体ブレス

 必須。単体でかけ直しをちまちまやる狩り場ではない。

 全体速度は自分に効果時間のこっていてもマメにかけ直し。

 9Fほどじゃないけど、速度減少を受けたままの後衛がいたりする。

9.単体IA、単体ブレス

 必須。IAは前衛さんに釣りに行く前に。

 単体ブレスは呪いを受けたままのろのろ移動する前衛さんに。

 (万能薬が尽きたままならこうなる)

 釣りが帰ってこなくてふっと気がゆるむ位の時間が空くとき(15秒以上)、

 全体マップを確認してみると、異様にゆっくり戻ってきていることが。

 呪い受けたまま、ぼこぼこにされているケースが多いので、

 ふっと一息つけたときも、全体マップ確認は忘れずに。

 周囲の沸きに気をつけながら、呪い解除、IAかけ直し、

 キリエ+グロリアでヒットストップを一時解除に出動。

10.エピクの樹

 推奨。無くても全くいける。

 緊急で出すにはサクラメントがかかっていないと無理。

 教授がエラー落ちや拉致られたときくらいに輝く。

 拠点の同時複数メンバーがタゲられそうなときに出すと、

 MAXHP25%が威力を発揮する場合も。

 教授が忙しくてなかなかSPが回ってこないときなど、

 樹を植えておくと結構回復します。

 まあ、そういうときはアンシラかじるのもいいような?w

 

11.グロリア

 無くてもいける。趣味。

 身動き取れない自分、または前衛さんのヒットストップ解除用。

  

■位置取り

 避けられないなら、内周に位置取り。

 タゲられて、自分にヒール連打状態になったりすると、

 その間の前衛さんを支える支援がお留守に。

 そんなことになるくらいならなるべくタゲられない位置に。

 

 避けれるなら外周に位置取りを。最奥との対角線くらいで、

 かつブラギ、S4Uに乗れている位置にいるのが望ましい。

 3~4匹にタゲられても、自分にSW一発いれて、

 前衛さん支援を継続しっぱなしに。3~4匹にタゲられたくらいで

 被弾が結構するのならFlee不足なので出しゃばらない。

 他PTの釣りが拠点前を横切るときに、圧壊した場合、

 まっさきに死に危険にさらされる。その際7~10匹の攻撃にさらされても

 おかしくないので、SW連打しPT内からキリエ連打が飛んでくるのを期待する。

 ルアフは常時展開。

 ヒットストップで身動きできない前衛さんを察知したら、

 キリエ+グロリアで、ヒットストップ解除。

 

■携行アイテム

1.ジェム

 サンクSWをどのくらい使うかによる。

 サンク常時展開役に回ってしまった場合、かなり消費するので200個以上は必須か。

2.スピポ

 ブラギに乗れていることが状況的に多いので、多少でもASPDを上げてモーションを速くする。

3.HP回復アイテム

 拉致られたPTMを起こしに行くときとか、無いと困ることに。

 全方位的にPTMが被弾しているようなときは、回復をPTM優先にして、

 自分のHPは回復アイテムで手当というシーンもあるかもしれません。

4.アンシラ

 出発前には3個作っておく。支援プリはSP配布対象としては高くはないので、

 自前でなんとかできる状況にしておく。

5.速度変化ポーション

 拠点から絶望的に遠い場所で倒れられると、避けプリでも無事に帰還できません。

 往路復路は高速移動が無難かも。

 アンティペイメントと併用すると効果大。

 

■支援の勘所

1.定点位置決めまで

 10F 到着後、定点位置決めまでがかなり危険です。

 短くとも数分危険な状況が続きます。

 こういう不安定な状況で、一番怖いのがPTM拉致。

 不安定さを加速させる状況を加えてしまいます。

 監視する者にタゲられたメンバーにはキリエとSWの手当を。

 スキルを駆使しながら的確な支援を切れ目無くとしか言いようがない。

 PTの隊列が伸びるような状況は十分あり得るので、

 前側に支援が偏ったり、後列にしか居ないというような状況にしない。

 バランスよく、前後に支援が居るように自分で調整をかける。

 隊列が伸びきって、中衛を食い破られると。

 前と後ろが孤立して温もり狩りだとアタッカーの枚数も薄いので、

 拳聖が居ない側が壊滅の危機。

 いつまで待っていてもジリ貧にしかならないと判断したら、

 他方に合流って決断になるかな・・・会話できる状況でないことが濃厚なので、

 見切りは自分でつけるしかないです。

 

2.拳聖の拉致(温もりの場合)

 拳聖が拉致されてしまうと、一気に状況悪化します。

 監視する者が混じっている場合前衛へのキリエ連打に区切りをつけ、拳聖へのキリエ連打に。

 前衛は連れてきた敵が減少すると一気に楽になるので、

 そのタイミングを見計らって拳聖にキリエを。

 拳聖の他には弓手1というのがBaldurの温もり狩りでのPTデザインぽいので、

 弓手1+(ワンダラー・ミンス)で敵10↑を殲滅しきるには時間がかかり危険です。

 

3.遠い位置でのPTMリザ

 最奥を定点にしているときに、10F入り口で倒れられると。

 決死隊の心持ちで起こしに行かねばなりません。

 時前で何とかするのなら、速度変化ポーションとアンティペイメントと併用。

 避けプリなら闇雲に突っ込まずに、敵に少数張り付かれていても、

 冷静に立ち止まって、他PTが敵を引っ張っていった後をすり抜けるとか。

 安全と思ったときに突破かなあ。。。

 アクビ2の構成だと拠点の負担が大きなことになっているので、

 ゆっくり帰還するわけにもいきません。

 道中で捕捉されてにっちもさっちもいかなくなったら、

 他拠点の他PTにヘルプエモだして助力を素直にお願いしても。

 かなり危険ですが、無事帰還を繰り返すと自信になっていきそう。

 

めもめも。

関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?