-城2・アサクロ編-

 25, 2005 11:02

 

■特徴:

 クリアサ・スイッチアサでペア可能でしたが、

 MH時には殲滅力よりモンスター数が上回った場合アサプリペアはピンチでした。

 アサクロ・ハイプリペアは防御力の向上と、

 一撃で高ダメージを繰り出すソウルブレイカーで

 かなりスピーディな狩りができるように。

 お互いAGI職であるため、極度の打撃が集中する時間が長引くとピンチですが、

 そこは事前察知とモンスターの小分けで対処する形かと。

       

■AGI支援からみたアサシンクロス:

 まだ、一切AGIを振らない打撃オンリーアサクロとは組んだことがありません。

 (このタイプはソロ不可能に近いし、シーフ時代育成が難しそう)

 純クリアサタイプや、二刀流タイプもアサシン時代と戦法の変化がみられないと思います。

 AGIやSTR,INT,DEXをバランスよく振ったアサシンのケースを例にします。

       

 アサシンペアはよくやりました。

 鍵は呪いブレス。と、アスペルシオ。

 自己の回避にもパートナーのアサシンにも非常に有効でした。

 スイッチ型には沸いたシーンや対深淵のときにアスペをかける感じで。

 TCJのみで戦う場合若干殲滅力に欠けていたため、

 最適なのは適時武器を持ち替えて戦うタイプでした。

 (聖水の消耗は激しいです)

 アサシンクロスの場合、通常攻撃力に大きな差はないように思えます。

 ソウルブレイカーをいかに使うか。プリはそれにどう合わせるか、が新たな鍵です。

  

■プリ側の動き: 

 ハンターペア・スナイパーペアでも記述しましたが。

 出会う頻度・危険度から彷徨う者とレイドリックアーチャーをいかに早く殲滅するか。

 これが鍵の一つです。

 ソウルブレイカー(以下SBr)にLAを合わせることで、

 ライドワードすら一撃で倒してくれます。

 逆にLA+SBrで1撃倒せない敵を数えると、少ないことがわかります。

 深淵の騎士・キメラ・魔剣・カリッツ・ドルイド。

 レイドリック、レイドリックアーチャー、ライドワード、彷徨う者。

 これら主食を一撃というのは大きな魅力です。

 ただ、SBrはLAとほぼ同じくらいの長さのスキルディレイがあるため、連打が不可能。

 SBrメインの殲滅はアサクロのSPにも非常に厳しい。

 この辺のリズムとバランスの取り方が、大きいでしょうか。

 転生前はスティールしないかぎりマグニフィカートはいらないかも,といった感じでしたが、

 アサクロペアは必須となります。

 呪いブレス+アスペは転生後も意味合いは大きいです。

 SPが尽きても通常打撃に切り替えても乗り切れるところが、

 いいところでしょうか。(そして重要なことにアサクロは通常打撃も強い)

 呪いブレスの重要性はまったく変わりません。

 彷徨う者やレイドリックアーチャーにはとりあえず掛けるくらいの勢いでいいかなあと。

 SBrは強力ですが連打できません。プリ側もLAを放った後はスキルがつかえません。

 両者のスキル使用タイミングとディレイでスキルが使えない時間が酷似しているため、

 そのスキルが使えない時間を凌ぐには呪いブレスが極めて重要です。

 彷徨う者を普通に回避できるようなステータスとレベルにすることは

 アサクロでは難しいように思えます。

 (振るべきステータスにINTが加わったため相対的にAGIが犠牲になるのでは?と)

 AGI支援プリよりはFleeは多いですが、自分だけのためじゃなくパートナーのためにも

 呪いブレスというのは城ペアでは基本かと。

 SBrにも若干詠唱があるため、発動前にダメージをうけると、硬直します。

 彷徨う者の攻撃が一番硬直する要因としては高いため、打撃を防ぐことが重要かと。

 もちろん拉致防止の意味合いも大きいです。

      

 前衛でかつ、回避も優秀なアサクロですが限界があるのはもちろん。

 こりゃやばそう、っていうようなタゲはいくつかプリでもつような、動きが望ましいです。

 プリ先行でもアサクロ先行でも構いませんが、共闘をいれるおよび、

 呪いブレスやLAがSBrより前に行わないといけない都合で、

 プリ先行のほうがEXP的にも、リズム的にも望ましいように思えます。

          

 持ち替えが必須のためアスペの効果時間が丸々過ぎることは無いと思ったほうがいいです。

 ただ、聖水をケチるとレイドの群れの殲滅時間が長引きます。

 殲滅が長引くと城2では追加のモンスターにより、

 MH化となることもあるため、城2ではアスペを程よく掛けることが必要かな,と思います。

■アサクロ側の動き:

 武器持ち替えがどうしても発生します。

 彷徨う者への武器はマミーcの塊とえるので、そのままの武器で

 レイドリック等を殴るわけにはいきません。

 カタアサ上がりのアサクロさんならば、持ち替えのスムーズさはぜひ習得していて欲しいです。

 彷徨う者への武器は必中を強くお願いしたいです。

 LA+SBrでお互いスキルを放てない時間があります。3秒も。

 彷徨う者1体ならば撃ち漏らしでも被害はすくないですが、

 3体超えたりすると、撃ち漏らしとディレイが致命的なものになりえます。 

 拉致の危険性も拡大していきます。

 必中で、LAがなくても2撃で確実に倒せるHITがないと安定からは程遠いものになる

 と思います。

 その約3秒間も待機することなく別の敵を殴り、SBrのスキルディレイ終了後、

 再びSBrを放つ。

 こんな動きが連続で取れるようになれば、そのペアは熟練してきていると思います。

     

 そしてLAを待って欲しい。AGI支援側も拉致は怖いため呪いブレスを多用します。

 そこからLAに移るため、他のタイプのプリさんよりは1テンポ遅れる形になります。

 が、LAまで待って欲しいです。 2回SBrを放つと、

 禿1体に多くて6~7秒費やしてしまいます。

 SPのためにもテンポ維持のためにも、ちょっと一呼吸置いて欲しいかなあと。

 防御ステをもつAGI支援とのペアのため、プリは多少のタゲぐらい平気です。

 こりゃやばいとおもった、タゲはプリに渡す。

 また、プリ側のタゲもすぐ取る必要ないので、

 そこは意識して欲しいかなあと。

     

 しかし、毎回毎回待っていればいいというものではないのが難しい点です。

 戦闘が長期化したり、支援プリがわのミスでなかなかLAが入れれない、または、

 LA誤爆というミスもありえます。

 その際はLAを待つという点に固執せず、動いて欲しいと思います。

     

 SP残量が安定した狩りやテンポに非常に影響するため、SP管理も大きな項目かなあと。

 通常打撃も普通に強いので普通に殴っても大丈夫なはずかと。

 大ピンチの時には、SP回復剤を使用して殲滅を上げてくれると、とても助かります。

 本地帯では、メテオアサルトがあるなら是非使用してほしいです。

 本は状態異常,特にスタンに弱いため、数秒ですがFlee維持やピンチ回避に繋がるかと。

 本地帯で本特化二刀流と、SBr+LA連打でどちらが殲滅が速いか、

 まだ検証していませんが、SP節約と殲滅時間を考慮して比較してみたい項目ではあります。

 MAはAGI支援からみるととても頼れるスキルです。

 f:id:Mifeena:20051124235348j:image

 本が数体ピヨっているシーン。一気にFlee回復していると思われます。

     

■両者: 

 視線のシンクロや、拉致>合流地点の意識合わせなどはハンター&プリの稿と変わりません。

 プリ先行時のポイントも変化なし。

 アサクロが先行しても敵や人の流れはぜひ見て欲しい点です。

 極MHにさせない動きをお互い認識しあうほうがいいかなあと思います。

 範囲攻撃としてMA。一撃必殺技としてSBrが加わっていますが、連打性能が低いため、

 極MHはかなりシビアな操作が必要になります。

 安全を考えると、極MHは避けるべきだと思います。

 別稿で記述してますが、MHの只中に突っ込むのではなく、

 小分けにして殲滅を図る対処法が最も向いていると思います。

■ピンチ時の対応

 1.どちらかが彷徨う者に拉致された場合

  前述のとおり、合流ポイントを決めておくこと。

  合流まではスナイパーは自力で生き残るべく罠・回復剤の用意をお願いしたいです。

           

 2.殲滅力が追いつかない

  アサペアのころにはお互いの回避を超える敵の来襲で、

  圧力に負けるというケースが多かったですが。

  危険な敵を早めに倒していくというリズムを維持できれば、大丈夫かなあと。

  SBrだけに頼らず、通常打撃も強いアサクロです。

  AGI支援も完成すれば相当なタゲを引き受けても沈みません。

  ここはプリを信頼して、危険な敵>目の前の敵。という感じで乗り切りたいところです。

  SBrは強力ですが、それだけじゃないのがアサクロのいいところなんで。

 3.超MH

  (編集中)  

■装備

 〇プリ装備

 ・LUK杖でもDEX杖でもAGI杖でも

 ・バースリーc刺し鎧

 ・クラニアルバックラー

 ・木琴&イミュンマフラー

 アスム常時狩りのテンポを失わないDEXがあれば装備の自由度は大きいように思えます。

 しかし彷徨う者回避のためにFlee装備が一番望ましいようにも。

           

 〇アサクロ装備

 ・大型黒蛇カタール マミー挿し武器(TAグラ+TAマインとか)

 ・闇メイルとかバースリー装備。

 ・MH時はイミュンも有効。

 ・MA詠唱妨害されても通すためのフェン(必須じゃないけどあると幸せ)           

 

■推奨レベル

 必須:禿に必中に近いこと

 推奨:LV80中盤以降? 呪いブレス状態の禿をお互い90%以上回避できること。

 回避がたりない場合拉致が頻発して合流だけで時間を消費しそうです。

 禿にさえ当たればハイプリアサクロペア可能です。

 SBrを封じたTCJベースも可能ではあります。

■時給について

 上昇したEXP%から逆算したものなのでほぼ正確なものですが。

 双方90台で、1.0M~1.3Mほど。

                       

           

■モンスターごとの考察

 1.レイドリック

  主食です。群れたらアスペで。Sbr+LAでも一撃なため、

  SPに余裕あったらSBrで倒すとテンポが上がります。

  双方とも回避可能なため、SP困窮時はプリ側が多めにタゲを持ったほうが

  いいかもしれません。

 2.レイドリックアーチャー

  MH時の最大の脅威となりかねないのが、レイドアチャのCA。

  局面によっては彷徨う者より優先的に倒したほうがいいケースも。

  自分の感覚ではレイドアチャが3方向,4方向に配置されているゾーンがとても苦手です。

  3方向から3連打CAされると自分の位置すらわからなくなる一瞬もうまれたり。。。

  彷徨う者処理中に、CAされるとピンチです。

  余裕があったら、彷徨う者同様に呪いブレスを掛けておきたいところです。

 3.彷徨う者

  LA+SBrで1撃。1撃じゃない場合、城ペアは困難です。

  呪いブレスで攻撃を封じるべき。レイドリックと重ねないように位置取りと

  タゲコントロールを。

 4.深淵の騎士

  SBr連打でも倒せますが、TCJ+アスペでも普通に。アスム切れには要注意。

  TCJを持ち込んでいない場合は、SBr連打でしょうか。

  オートガードがすさまじいです;

 5.ライドワード

  単体ならLA+SBrで消し去るのが無難。

  5体を超える本の群れはMAで随時ピヨらせるとかいうのも必要でしょうか。

  グリム連打でも料理できそう。

  たとえば5体の群れをLA+SBrのみで処理すると20秒近くかかるとおもいます。

 (殲滅15~6秒、ヒールも必要なので+5秒以上)

  本の群れをどう処理するのがベストなのかは検証中。

 6.キメラ

  LA+SBrでゆるりと削る感じで。

 7.ミスティルティン/オーガトゥース

  SBrでもアスペ+殴りでも。

 8.カーリッツバーグ

  LA+SBrで10kは削れますんで、SBrを絡めるのが吉でしょうか。

  時間をかけていいならアスペ+殴りでも。

関連記事

COMMENT 3

fred-smile  2005, 11. 26 [Sat] 11:39

EMAIL:
IP:
AGI1のアサクロも愛して

Edit | Reply | 

Mifeena  2005, 11. 26 [Sat] 23:14

EMAIL:
IP:
どうみてもAGI1はエロです。本当にありがとうございました。

Edit | Reply | 

fred-smile  2005, 11. 27 [Sun] 14:00

EMAIL:
IP:
えろくないです

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?