作品作りに向けて

 02, 2008 04:31

新しいカメラきて2週間以上たち。

気軽なスナップ写真でだいたい癖とか少しはわかってきたつもり。

(使いこなすまではまだ遠い道のりだけども)

なので、そろそろ作品造りなどに取り組んでみたく。

絵では作品NO振るような意気込みで最初から取り組んだのは過去いくつもあるけど、

写真でもやってみたいなーと。

風景写真はどこをいつ撮るのかとか。決めてもその日の天候に恵まれるの?とか、

不安要素もかなりあるので。

最初の作品写真は、スポーツの写真(たぶんサッカー)にしたいと思う。

 

絵では描く前から、どういう風にしたいとかはっきり決めて描くのだけども。

(落書きは除く)

写真でも同じようなことがしたいなと。

ただ、見に行く試合のチームに思い入れが全くないというのが、致命的で。

これが絵作りにどう影響するか。経験ないのでわからない。

そのチームとか選手に思い入れのあるカメラマンなら。

チームとかもよく知ってて、それを活かせるんだろうけど。

自分には無い!

チームや選手を知っていれば、局面に応じて作戦を変えてきたりするのにも、

対応しやすいんだろうけども。

(端的に言えば、劣勢のチームが作戦変えて、ディフェンダーのある選手を基軸に

するような局面で、右サイドの攻撃が得意なチーム戦術で左サイドでボケっとカメラ構えていても、

良い絵が撮りづらいだろうなあとか、想像。

チームや選手を知ってるカメラマンならそれに応じて場所変更や設定変更もするんだろうし・・・)

 

作品とする以上、イメージは決めとくべきで。ありがちだけども。

正面のドリブルで切り込んでくる選手の大写しで。

可能であれば、対向チームのスライディングも写り込んでいるといいかなー。

雨の試合で選手のユニフォームに弾かれる滴とかも興味はあるけど。

雨観戦はしんどいので(ぁ)、晴れのイメージで。

ピッチのグリーンとのコントラストがある方向で。

切り込んでくる選手の臨場感など絵として写し込まれていたらいいかな。。。

 

シャッターチャンスに恵まれなかったら、場所取りとかはOKだったのかとか

反省点としよう。

ゴール前の緊迫感とか中盤とはまた違いそうだし。

ゴール前正面かなー・・・(位置は)


絵では、線画で好きなストローク引けたらそれを活かして全体に繋げたり。

良いストロークで塗れたらそれを活かして全体に繋げたりとか。

作業中の良いハプニングがあったりして面白いけど。

(WEBで公開するときは、縮小前提なのでそのお気に入りタッチが、

 縮小画像でも確認できるのはむしろ稀ですが。。。。(ミフィは3000*4000で描くこと多い)

 作業中のモチベーションに少なからず繋がっていることが多く、侮れない)

写真はシャッターチャンスと、すぐ結果なので。

そこはそこで面白いなあと。

晴れた土日があったら、ちょっとチャレンジしてみたいです。

関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?