FC2ブログ

~2001年5月頃の自分 巨石っていいよね(´¬`)~

 19, 2006 11:13

趣味っぽい話。ガーベラ好きも、巨石文明好きもかわってないけど。

あの頃に行かなきゃ!とおもってた南米ぶらり旅。

いまだ実行できず。。。

話の中のホテルの主人も、10年くらい行きたいと思ってて。

ようやく行けたとのことで。

石マニア垂涎の古代都市。。。。

久々に自分の過去の記事見ていろいろ検索してみると。

5年前とはやっぱり情報量が違う。

こいつらあああああ行きやがったのかああああ、と。

まあ、普通にジェラシー(*`з´)

 

 

◆◇◆◇以下原文◇◆◇◆

~今日の徒然草~(2001.5.23)

 私、仕事柄出張多いんですけど、遠出っていいですね。

旅先で人に会うのが大変お気に入りです。

友人とかですと、まぁ旧交を深めたりするんでしょうが、見知らぬ人と語り明かす場を

思いがけなく得てしまうって、素晴らしいな。と、思います。

今回は、旅先で会った人たちのことを徒然に書いてみようかな?、と思います。

 

 先日東京に出張に行きました。

行きの新幹線指定席満席で、やむなく自由席で新大阪から、名古屋まで立ちっぱなしだったのですが

立っている間中、ずっと話していました。

 私は、何気に園芸とか好きなんですが(ガーデニングとはまた違う)、

一緒に話していたおばさんもかなり園芸好きで、

しかも好きな花もかぶるんですね。

 二人ともガーベラに目がない。たぶん異常なくらい。(笑)

やれ、株分けの時は気合いがいって大変や、とか。

やれ、根本までの日差しの量が云々、とか。

やれ、土は2年越しに作るもんだ、とか。

やれ、種から育てると、売り物になるくらいな立派な花は4年後だとか。

 いやー。ディープです。

しかし、苗を買ってきて育てるのは、まぁいいんですが、種から育て上げた人に出会えたのは幸運です。

切り花は、苦手なので鉢植え派なんですが、

しかも、ガーデニングで使うような狭い鉢に、いくつもの花を植えるのも嫌いなことも共通。

大阪のガーデニングフェスタにも来てたらしく、早めに会いたかったですね。

 とても、有意義でした。

 

 あと、思い出すのは愛媛の道後温泉に泊まったとき。

これも仕事だったのですが、この日、疲れていたにもかかわらず、徹夜で語り明かしました。

 その話の男性は、ホテルの経営者。

しかも、泊まって気づいたのだけど、「ヤバめ」のホテルだったらしい。

(もちろん一般客も泊まれるけど「そういう用途」にも使える、、、とのこと(汗))

 ホテルのマスターと語り明かしたネタは、南米の遺跡のこと。

いわゆる考古学です。

 8時間延々とやってしまいました。語り。

考古学も大好きです。

そのマスターは念願の南米旅行を9年越しでかなえたらしいです。

やっぱ、働きだして旅行の夢を叶えるのは結構時間がかかるものだ、と

すこし思い詰めましたけど、マスターの話、ハマりました。

(マスターオリジナルのラーメン。ニンニク炒めのタマネギが入ってて、これもうまかった)

 

 視点・着眼点が非常に似通っていて、これまたディープな話に、30分で突入(笑)

写真をたくさん撮ってこられていたのですけど、

普通の人が見たらなんで、こんなの撮るの?というもの。

 南米の巨石文明なのですけど、その方の写真。

・巨石の建造物の、石組みのコーナーの部分のアップ。

・壁部分の不規則なサイズの石組み。

・巨石のエッジ部分のみ。

・ナスカの地上絵の砂を手に乗せたアップ(<地上絵に踏み込むのは違法<(汗))

 とか。。。。ばっかり。

一枚見せるごとに、この写真から気づくことある??

と、マスターに質問攻めされます。

 私も同好の士の端くれですから、負けてられません。

意地でも相手の意図するようなことを発見して、自分なりの意見を言います。

 意見の相違があっても、お互い譲らないんですね。なんといっても。

実際マスターは現地に行ってるので、ある程度受け入れるんですけど、

意見の根本で異なると、もう、論争です。(笑)

 

 マスターも疑問や観点を持って、現地に行ったと聞いたのですけど、

さらに好きな連中は、現地に住んじゃうんですよね。(日本人です)

マスターも現地で、その在住の日本人と論争やってきたらしいんですけど、

現地人の頑固さは、たまらなく好きだ、とのこと。

そりゃあ、一度来たくらいの旅行者に言い負かされては、たまんないでしょう。

 好きで好きでたまらなくて、住んで研究してるんですし。

 

 夜明けまで話し合った後、「あぁ、やっぱり行きたいな。マチュピチュ」と強く思いました。

悔しかったですから。行ったことがあって語る人と、想像・洞察・知識で話してしまう私のギャップが。

もちろん、愛媛にまた泊まることがあったら、

そのホテルに泊まることは言うまでもありません。(笑)

 今度は、仕事に差し支えないくらい(!)に、ディープな話をしてみたいと思っています。

  

 遠出は、たまに辛いときがあるんですけど、思いがけない出会い。

これ、やっぱりたまりませんね。(笑)

 

◆◇◆◇ここまで◇◆◇◆

 

関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?