生体D感想

 14, 2006 10:58

一人でいってみた。

ハワードに殺された。

何もできなかった・・・w

 

メンバーのリヒ貧民街<->富裕街クエストと生体Dクエストを手伝った後。

いよいよ、生体D3Fで。

ソロで行ったときの瞬殺されっぷりから、一部弱い転生DOP実装かな?という予想を吹き飛ばす、全力実装(笑)

SSとか撮ってたらサクッといける。。。

というわけで、いつの日か余裕が来るまで生体D3Fの画像は自分が死んでいるものしか撮れなさそ・・・(;-;)

 

■3F概要

細めの通路でマップがかなり構成されていて。

射線を取りにくい模様。

また障害物もありこれも遠距離攻撃を行う上で邪魔の模様。

広めの部分は確実にMH(6~10とかざら)となっており、

PT崩壊後の各自離脱>合流などを夢物語にさせる。

ROの狩場において「敵を狩る」「敵と戦える」「狩場に居られる」「敵に狩られる」の4つを定義したなら。

実力不足・構成不足なPTは何もできず「敵に狩られる」狩場。

  

構成:96ハイプリ・90ジプシー・92パラディン・95アサクロ・99スナイパー。

個々人がんばってたけど。PTとして被害を合算すると狩られる狩場となってしまった。

自分のプリもデスペナ-2%。

装甲のタフさと、最後の残ってもテレポ離脱が幸いとして、

これでも一番デスペナが軽かったクチ・・・

 

ギルドメンバーの構成上。「敵を狩る」狩場まで行き着くことができるのだろうか・・・

と、弱音を吐きたくなるような強敵揃い。

せめて「敵と戦える」にはどうすれば、と悩ましいところです。

幸いギルメンの数は多いため、いずれ戦力は拡充するわけですが。

どう構成を組んだものか。

最低限前衛: LKまたはパラ  2名

最低限支援: ハイプリ2名

最低限後衛: WIZ 弓手 2名

以上6名でもようやく「狩場に居られる」レベルじゃないかな。。。

上記6名を基本として、横沸きに耐えうるには。

6名を分割して進行方向フロント担当と、横沸き担当に分けておく。。。

フロント担当と横沸き担当のターゲットが重なっているときはかなりの殲滅力。

(WIZのSGは緊急回避用に使うべきかなあ・・・座標ずれするとニューマや・・SWが・・・)

横沸き担当はその名のとおり横沸きしたら、フロントの敵へのターゲットから横沸きの敵にターゲットチェンジ・・・

書いててアホらしくなる、机上の空論に終わりそうだ。。。

相当な意思疎通。経験が必要になる。。。

フロント・横沸きと役目を分けても、敵と互角に伍するなら。

さらに遊撃的な役割がほしい。

阿修羅や、アサクロ、ブラギバードであったり、弓手であったり。

基本戦線維持の6名に加えて、さらに2名ほどの追加で。

どうなるか?といったところ。

 

PT編成は他所を参考にしてみるので。支援の人の話など。

よく行く狩場は城2でした。先行を好むため思考時間を数値化するとこんな感じ。

 

■城2の思考時間配分(100)

1.進路決定(30)

2.LAターゲッティングやディレイ中の立ち回り(20)

3.(アスム含む)支援スキル維持(20)

4.緊急対処(15)

5.会話(10)

6.その他雑念?(5)

 

LA関連や、進路決定でかなり半分くらい使うような思考してるように思う。。

■生体D3Fでの思考時間配分(100) 

1.ニューマSWに代表される防御スキル維持(35)

2.緊急対処(30)

3.アスム維持(20)

4.支援スキル維持(15)

5.その他雑念?(5)

 

自分のプリ1名だとこんな感じ。。。

緊急対処の中には、現在の属性鎧など何装備しているか実際付け替えて確認なんてことも含まれて居ます。

役割上、中衛兼支援をやらざるを得なかったんですが。

支援に集中するなら。やはり2名必須かなあ、と。余裕なさすぎ;;;

あと位置取り的にも防御設置スキルをPTに配ることから中衛なのは間違いないと思う・・・

最後衛からSWやニューマを的確に障害物さけて設置するのは難しい。。。

 

課題山積な生体Dですが。

敵ハイWIZのFD>JTは克服できそうですが。 サンダーストームが読めない。。。

遠距離のFDを防いだあとは、ゼピュロス固定にしたほうがいいのか。。。

敵ハイWIZにPTへ切り込まれたらサンダーストームなのか。

こちらが密集していたらサンダーストームなのか・・・

ゼピュロスを基本として、FDのエフェクトを見た瞬間持ち替えはきついな、と。。。

アンフロで防いだ後からゼピュロスは失敗はゼロで、今後もなんとかなりそうだけど;

f:id:Mifeena:20060315043638j:image

 

考察はともかく。

ちょっとこりゃ、時間おきたくなるなあ。

関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?