プリ先行のときMH時の動きとして(城2編) 

 28, 2005 11:42

 

モンハウの真っ只中にいきなり立たされる事は稀です。

殲滅に時間が掛かる敵(深淵・魔剣など)に時間を取られている間に、

猛烈な追加が発生した際くらいでしょうか。

このケース以外はMHに対処する際、

先行するメンバーにはどう対処するか判断の余地はあるはずです。

 

 

①橋頭堡からの各個撃破の繰り返し(Hit&Away)

MHであることが事前に確認できる場合にはとても有効な方法。

場所として最適なのは城1への出口のある、城2最下部のゾーン。

画面を回すことで、事前にMHの度合いが確認できるため、

特に最下部開口部付近に深淵の騎士が混じっている際には、

現在でもよく行ってます。

深淵の騎士や、彷徨う者を開口部から、通路側に呼び込んで撃破。

敵の数を通常処理できる数まで撃ち減らすことを主眼とします。

橋頭堡となるのは、もちろん最下部であれば通路から開口部に繋がる部分。

プリは敵の索敵にかかるとこまで進出>急速後退を繰り返します。

この動きをPTメンバーが理解していない場合、くっついてきてしまう場合も。

急速後退の際に、PTMは前に出たままなんてケースも十分あり、

それは別のピンチを招きます。

何度か組み、かつその地点での戦闘経験と失敗経験が重要かなと。

城最下部は広いスペースのため、城全マップのなかでも、

最悪のMHになる形があります。

厄介な敵から徐々に倒していくような戦法ですね。

 

 

②突貫&突貫(チャージ&チャージ)

MHの中心に一気に突っ込み、殲滅まで耐える。

活かすケースはちょっと広めのゾーンや、行き止まりの部屋のMH。

城2ではあちこち存在し得ます。

一気に殲滅できる職がないと、先行するプリ=PTの継戦能力が

真っ先に倒れるというアホな突貫です。

WIZやスナイパーなどといった職がいる場合にやることかと。

MHに対して進路も特に設定せず突っ込んだ場合、入り口(MH外縁)でヒットストップで

止められてしまいます。

AGI支援という特性を活かすなら、モンスターの捕捉の手を逃れつつ

MHの中心に到達すべきだと思います。

その際、彷徨う者やレイドアチャが最大の脅威になるでしょう。

密集しがちな敵の中で彷徨う者のみをスナイパーが

射撃しやすい位置に置くのは割とコツがいります。

SGなWIZであればそんなに位置コントロールは必要ないかもしれません。

 

 

③並行進撃(ROTEラッシュ)

前衛と同じタイミングで突入するパターン。前衛といってもAGI系前衛です。

全てのタゲがAGI前衛に集中してしまうと、AGI前衛も圧壊してしまうので、

ともに突入してタゲを分け合い、殲滅終了まで耐え抜くケース。

レベルにもよりますが、お互い4体ずつは持ち合うことはできるでしょう。

突入タイミングとターゲットコントロールと、ヤバめな敵をいかに早く倒せるかが鍵でしょうか。

 

 

④LAコントロール

一番よくやります。

レックスエーテルナのスキルディレイが終わるとともに駆け出し、対象にLAをかける感じです。

3~4秒おきのリズムになります。

ディレイの間はじっと気配をうかがい、ディレイ終了とともに、飛び出してヤバめの敵にLAをかけ、

倒します。

3~4秒ずつの短い突撃の波で、MHを最終的に小分けして打ち勝つ感じです。

彷徨う者や、レイドリックアチャがLAの対象になります。

MHの敵総数を彷徨う者やレイドアチャの配置で区分するといった感じでしょうか。

城2のMHの場合、本とレイドリックのみのMHというのは珍しいと思います。

(本とレイドリックのみならROTEラッシュやラッシュ&ラッシュで十分)

LAディレイ解消より前にでてしまったり、後衛が意図を理解できず突出してしまったりすると、

失敗しピンチになるかもしれません。

関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?