FC2ブログ

AGI支援プリ(AB) 装備 靴編(2018年 8月版)

 13, 2018 15:20
■AGI支援プリ(AB)靴編 2018年 8月
自分でネタを仕入れて更新したり、
識者からツッコミが入ったら更新する。
将来的に打ち捨てられた場合、
上の年度を見て、鮮度を判断してくださいまし。
2016年版から大きく強化されており、過去記事の装備はあまり参考にならない。

コンセプトは前回の靴編と変わらず。
INTは込みでもいいから100確保。一応支援プリの形を作った上で。
そこからの避けプリの装備を考えるということにします。

前回から靴はFlee的に大幅に強化されています。

で、現実的に入手難易度低そうで有用そうな梅プラン。
精錬も頑張りたい2種の竹プラン。
ロマン溢れるMVPカードつきだぞ、松プラン。

の四本立てで構成してみます。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

■AGI支援向け 靴 梅プラン 2018年8月版
Fleeオプション、AGIオプションつきディーヴァシューズ+魔神の迅速3
ディーヴァシューズ魔神の迅速3

Fleeオプション付きのディーヴァシューズに魔神の迅速3を挿した物。
Fleeオプションは最大50となっている。
それ以外のオプションでAGIがついているものを入手する。
AGIオプションは+5であり、最大3箇所AGIオプションがついているものが存在する。
このため、靴単体でFlee50+AGI+15となり、Flee+65の靴となる。
これに魔神の迅速3を挿すことにより最大Flee+77の靴となる。
靴単体として考えると竹プランの2種に匹敵、または凌駕する。

この靴が竹でない理由は入手性にある。
Fleeオプションのついているディーヴァシューズは市場に流れにくいほど価値が低い。
Flee+45↑のような靴でも5Mしなかったりする。

理想は+7まで強化してMAXHPを1000増強できるようにしておくこと。
カードスロットにまで魔神の迅速を挿すと耐久力などに問題がというのであれば、
MAXHP増強系のカードを挿すのも良いと思われる。





■AGI支援向け 靴 竹プラン① 2018年8月版
+7~+9エクセリオンレッグ+A-Flee設計図+ライオットチップ
エクセリオンレッグA-Flee設計図ライオットチップ

A-Flee設計図を挿し、好みであと2つの設計図を挿す。(A-MAXHP、A-DEF、Z-Knockbackなど)
その上で、+7以上に過剰していく。
ライオットチップの精錬値が3ごとにFleeが+5されていくためライオットチップも
+6か、+8、+9を目指したほうが良い。

ライオットチップとの組み合わせで挿した設計図の効果が大きく増えるため、
ライオットチップとの併用が望ましい。
この多様な組み合わせによる強化が支援ABにとってとても有用で竹プランとしている。

+6ライオットチップと+7エクセリオンレッグ(A-Flee)の場合、
Flee+40のセット装備となる。

最大構成
+9ライオットチップ(OverClock+AGI+7)に魔神の迅速3を挿し、
+9エクセリオンレッグ(A-Flee設計図)とした場合、
Flee+84の靴となる。のこり2枚の設計図の効果もあり、OverClockの属性耐性アップも含め強力な靴セットとなる。

精錬に賭ける情熱と運がかなり必要となるが、財布(リアルマネー含む)との相談で
+6ライオットチップと+7エクセリオンレッグの組み合わせ以上のものを入手しておきたい。
靴そのもののMAXHP/MAXSP増加効果も大きいため、簡単にMAXHPという耐久度をあげることができる。
+9まで強化すると設計図なしでもMAXHP+16%、MAXSP+16%と強化可能である。



■AGI支援向け 靴 竹プラン② 2018年8月版
+7~+9金剛石の靴+名誉のニーヴ(回避)+ダークハンド
金剛石の靴名誉のニーヴ(回避)ダークハンド

エクセリオンシリーズと双璧をなすダクハンセットとなる。
ライオットセットに比べるとダークハンドの精錬値はあまりこだわらない。
ダークハンドそのものに全ステータス+10があり、もれなくFleeが10。(LUK分も含めFlee+12)
金剛石の靴はエクセリオンレッグと比較するとカードスロットがあるのが大きな特色である。
また、ダークハンドと金剛石の靴にそれぞれ人耐性5%がついており、合計10%の人耐性を得ることが出来る。
金剛石の靴にも属性耐性をつけることも可能である。
元からついているこれらの特性から、戦死者の墓場(通称獄)で非常に好まれる装備セットとなっている。

この獄向けに有用ということでダークハンドにはスタン耐性を得るためジェミニカードなどが挿されることが多い。
が、ここは回避向けのABのブログのため、魔神の迅速3を挿す構成とする。

ダークハンド(魔神の迅速3)に+7金剛石の靴(名誉のニーヴ(回避))に魔神の迅速3を挿す。
これにより、+7ほどの現実的な構成でもFlee+86のセットとなる。
(ダークハンドのFlee+12、魔神の迅速3のFlee+12と靴のFlee+30と
魔神の迅速3のFlee+12とダークハンドセット+20)


最大構成
+9ダークハンド(魔神の迅速3とスペシャルエンチャントAGI+7)に+9金剛石の靴(名誉のニーヴ(回避))に魔神の迅速3を挿す。
これによりFlee+103のセットとなる。

ニーヴエンチャの多彩な効果を得ることもでき、靴自体もMDEF+15と対魔法防御もとることができる。
靴の+7と+9の差分のFleeが10しか存在しないため、
+7の金剛石の靴(回避つき)をいろんなニーヴエンチャで複数もっておくのがお勧めである。




■AGI支援向け 靴 松プラン 2018年8月版
+7↑名も無き剣士のブーツ+MVPセニアカード
名も無き剣士のブーツMVPセニアカード

需要の高いMVPカードを必要とするため問答無用で松プランとなる。
精錬祭りなどで作成しやすい+7であっても、Flee+105の靴となる。
最大構成だと、+10の名も無き剣士のブーツとなり、Flee+150の靴となる。

Flee以外の効果(一般的にはこちらのほうが大きい)としては。
MAXHP+30%、MAXSP+30%、ASPD精錬値*1%、ATK精錬値*5、STR精錬値*10
10秒ごとにHP5050、SP110回復。ボスに与えるダメージ+15%となっており。
近接物理火力にはきわめて有用である。

ABとしては殴りABがもっとも有効に使えそうな構成となっている。

このため、カードの価格、高精錬の靴の価格、ともに高い。
カードにいたっては自力で出すしかないような価格となっている。

肩装備にらぐクジで古代モロクのショールが追加されたように、靴でもFlee向け靴がクジで追加される可能性もゼロではないが、
現行でもっとも高価でもっともFleeを稼ぐことの出来る靴となっている。
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?