FC2ブログ

4/2 支援 (ささえる たすける)。支援の引き出しとコミュニケーション

 02, 2018 23:55
こんにちはミフィーナです。

明日からドラム族かー。
先日ろ丼でこのようなことをつぶやいてしまいました。

ろ丼のとぅーと
自警団の報酬がうまいばかりに、初心者こそあちこちに行って欲しいのに。
そうはならずに終わっちゃわないか、と。
まだ実装されていないので、危惧で終われば良いのですが。

明日のメンテでガンホーさんがどのくらい新規取り込みに本気なのかを見てみたい。
倉庫も一切封印して、どのくらいまで上がるのか。
どのくらいの資産を0から築けるのか。
ガイドに従うと、どのマップやダンジョンに足を運ぶのか。


これを克明に見てみたいです。
それ次第じゃ、ろ丼でつぶやいたことは撤回しなきゃなあ。

以下コラム的な物です。





■支援 (ささえる たすける)こと。

しえん
【支援】
《名・ス他》(苦境にある人・団体に)力を添えて助けること。


〖支〗 シ・ささえる つかえる
1.ささえをする。つっかいをする。たすける。 「支柱・支持・支援」
2.さしさわりになる。つかえる。じゃまする。 「支障」

〖援〗 (援󠄁) エン(ヱン) たすける
1.手を差し入れて助ける。救う。 「援軍・援護・援助・援兵・応援・救援・後援・支援・声援・来援」
2.ひきあげる。ひっぱる。例をひく。 「援引・援用」


支援って両方の漢字がたすけるって意味なんですね。
似たような作りで、「憲法」ってあるのですが。両方「おきて」の意味を重ねてます。
二個重ねることで、強調しているのでしょうか。


ラグナロクの中で支援職って代表的なのはプリ系ですが、いろんな職で支援の動きはできます。
自分は休止も含んでますが、だいぶ長いこと支援職をやってきました。
うん。これしか能がないんだ。

天性のプレイヤーっていますよね。
自分から見ると、「なんであのタイミングであの判断をしているんだろう」
「そして瞬時にその判断を実行に移せる操作の力」
自分は、天性のプレイヤーからほど遠く。
反復練習で少しずつしか上達しません。
それでも、長年やってこれました。

前回の日記で、支援ABさんの練習台のようなものになっている記事を書きましたが。
たとえばGHMD。

徘徊する弓兵腐敗した兵士
レイドアチャ的なGHMDの敵と、レイド的なGHMDの敵が混在するゾーンがあります。

弓手とのペアの場合。
ニューマで防御するか。SWで防御するか。
判断が必要です。
痛くないし、避けれるからごり押し?
130の入れるようになったばかりのペアにゃ、両方脅威です。
装備が強化途中ならなおのこと脅威。

ニューマもSWも非常に強力な防御スキルです。
ですが、ニューマは敵に重なると味方の弓手の攻撃も無効化しちゃいます。

前回の日記で書いたABさんとのペアでは。
自分はアタッカーなので、「遠距離攻撃を放つ弓兵から先に基本的に攻撃します」と伝えました。
ので、いったん弓兵を一掃するまで、ニューマで弓兵の攻撃を防いでもらい、
一掃後、そこから近接攻撃を仕掛けてくるレイド的な腐敗した兵士への攻撃にきりかえました。

基本というのはもちろん、場合によるわけです。
先に弓兵といいつつも、抱えているABが膨大な血しぶきをあげ、
秒間回復量よりダメージが勝れば、いつか倒れます。
申し伝えた基本を守ってしまえば、かえってピンチになることもあるわけで。

この辺の話って、初歩とはいえ、「連携」であると言えると思います。

AB側は、遠距離攻撃を仕掛けてくる弓兵をまず倒して欲しい。
レンジャー側は、ABに殺到するレイドを倒したい。


どちらも正解だけど、お互いの意思が異なると、
ニューマに包まれた敵に攻撃を仕掛けたりするシーンもペアやってると多々あることだと思います。

どちらの想いも正解なのですが、意思疎通がないと、こんな簡単なことでもピンチになり。
狩り後にお互いフラストレーションを溜め込むことに繋がりかねません。

やっぱ、そこは示し合わせのコミュニケーションが必要になります。

自分がやったように、アタッカー側から申し入れがあれば、AB側に不服が無ければそれに添えばいいのですが。
意思表示がなく。かつ、このように判断の場が発生するなら。
発生した場で確認をするか。
忙しければ、狩り後に反省会的な感じで、
「このような場ではどうしますか?
自分は、これこれこういう理由でこうしたかった!」
などと、意見の交換をしなければ、すれ違ったままに終わっちゃうことも。

時に、組んでくれたアタッカー側がフラストレーションを溜めたまま、
全滅死に戻り⇒解散 などどなると。
かなり強い口調で言ってくる場合もあります。
自分も直面したことは、たくさんたくさんあります。

このような簡単な連携であれば、簡単な意思表示と決定を踏めばいいのですが、
そうでは収まらない複雑な連携もたくさんありますよね。
固定PTの阿吽の呼吸で、連携する姿って美しいです。

「この場ではこうして欲しい」それを伝えるだけでもパワーが必要ですが。
逆に「この場ではどうしてほしかったですか?」それを確認するだけでもパワーが必要ですが。
もちょっと、手を加える必要があります。
「理由」です。
なぜ、そうして欲しいのか。
遠距離攻撃を仕掛ける敵から先に倒そうとするのは、なぜなのか。
チャージアローなどの吹っ飛ばしスキルで前線が崩壊するのが怖いんだ。
だから弓兵や魔法を使う敵に自由に攻撃をする時間をなるべく与えたくないんだ。

ちゃんと理由付きで要望を伝えないと、相手は真の意味で納得して動いてくれないのではないでしょうか。
・・・
・・


初見の相手。特に臨時などでは、事前にみっちりチャット内やPT会話で
連携事項を詰めてから出発するケースもありますが。
特に決めずに出発する場合も多々あります。
その際に、重要なのがこれまで溜め込んだ知識と経験です。

自分はこれをいままで、「支援の引き出し」と呼んでいます。
相手に応じて支援の引き出しを開けて、合わなければ別の引き出しを提供していくイメージです。

引き出しは無論多ければ多いほどいいです。
けど、数だけが重要ではなく。
引き出しの中身も重要です。

知識だけではなく、ラグナロクは操作をリアルタイムで行うゲームなので。
それを操作に反映しなければ効果を発揮しません。

引き出しの深さ。
中身の多さが「経験や熟練度」といった物だと思います。
天性のプレイヤーさんは、すぐさま反映できて、正直うらやましいです。
自分は、ちょっとずつしか、中身を増やせません。

ちょっと余談ですが。
自分は臨時パーティというのが大好きでした。
過去形で言わなければいけないのがSigrunの現状。
初めて組む相手。
何度も行った場所でも、構成するプレイヤーが違えば、ちょっとずつ違う。
支援の引き出しも、深さも言うなれば無限大。
PTMに添い遂げて、なるべく短時間で、適度な支援の引き出しを合わせる。
これが、すごく楽しかったのです。
引き出しの増え方も多かったのかなあと振り返って思います。
・・・
・・

話をもどすと。
狩り後にでもよいから、会話してお互いどうしたかったのか、詰めた方がよいと信じます。
ベストなのは記憶も新しい事件が発生したその場ですが。
自分は、文句的なものをだーっと喋られたあと。
いったん、適度に相づちを入れて。「なるほど」と受け止めるようにしています。
(無言でいたりすると、聞いてんのか!?やるきあんのか!?など、
語気がエスカレーションすることがあり、適度な相づちは自衛のため重要と思います。。。)

非難されてる中なので、一刻も早くログアウトして、ちょっと一息つきたい。
それは、すごくすごく理解できるのですが。
これしか能が無かったので、やめるわけにもいかないです。
いったん、相手の言いたいことを「なるほど」と受け止めて、そこから咀嚼するようにしていました。

強い口調に対し、強い口調で反論する支援さんもたくさん見ましたが。
ぶつかり合いも、見ていて良い物です。
非難の応酬じゃなく本気でどうしたいか、ぶつけ合ってるのは、なお素敵です。
ただ自分は、そうはできなかったかなあ・・・
性格もあるのでしょう

冒頭にあげた。支援の漢字の意味。

相手に添うて、支援職はなんぼ。
そんな意識が強いのかもしれません。
これは自分のやり方なので、他の方がどうしていようと、強弁することもありません。

強い口調で言われて。凹んだ日。
そして、それを乗り越えてログインしても。翌日同じようなことを言われてしまった。
そんなことが続いたりすると。
凹んじゃって支援職なんて、こりごり。そんな風に思って別の職をメインにしちゃうとか。
ROあるあるだなーと思います。

しかも、昨今のゲームバランス的に、とても攻撃職が強くなり。
支援っていらないんじゃ。。。
必要な場も、とても強い装備が必要だったり。狩り場の経験も強く求められたり。
敷居たかくなーい?

さらに、コミュニケーションも必要?伝えるだけじゃなくて、理由もちゃんと話す?
めんどくさい。

うん。めんどくさいですね。支援職。

でも。

楽しいんですよね。
このめんどくささ。

支援職受難な時期と思ってます。
これはプレイヤーではどうにもできないことも。バランスはゲームの提供側が占める部分が、大きい。
その中で工夫して遊んでいても、限界はある。
でも、自分も支援職長くやってますが、応援したいです。
そして牛歩のように遅々としか前進できない自分と。
組んでくれる人がいる現状に。感謝しています。




最後に。余談的な物ですが。
臨時PTでも、仲間内のPTでも。
その狩りの雰囲気がギスギスしちゃったことありませんか?
自分は多く目にしたなー。

そんなとき、冗談の一発で雰囲気を変えるPTメンバーが居たことありませんか?
そのウィットに富んだジョークの後、PT内の雰囲気が変わったこと。ありませんか?


とってもすごいことで。
PTやその狩りにとっちゃ、その人の雰囲気を変える一言は。
それって、すごい「支援」ですよね。
 
 
 
 
関連記事

COMMENT 2

-  2018, 11. 06 [Tue] 22:35

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

ミフィーナ  2018, 11. 07 [Wed] 01:58

Re: タイトルなし

臨時はとてもすきで、
初めての相手とどれだけ喋れるか。
支援で行ったらどれだけ短時間で合わせられるかに
チャレンジしてるかのように狂ったように行ってました。
ギルマスなのにギルメン相方ほっぽって向かうことが多かったりで。

あまりぶつかり合うことはしなかったりします。
相手に合わせるのが好きなため、
相手に好きに遊んで貰って支えるのが好きかな。
ので、どうして欲しいとか言って欲しい相手とは相性悪いかもしれない。
言わないから。

ギルマスかつりーだーやるときは指示っぽいのはさすがにさましが。
じゃないと狩りも始まらなかったりするし。
全く対等な臨時じゃあ、こっちからは要望出さないんだよなあ。
臨時で完全に怒ったのは二回くらい。
狩りを意図的にこわそうとするメンバーには、
怒り心頭になった覚えが。
ぶつかり合いを怖がったりすることはないのですが。
基本姿勢がまず、受け止めるなんすよね。。。良いか悪いかは分かりませんが。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?