FC2ブログ
2018年11月に回避AB的にも面白いエンチャントが実装されました。
アルカナエンチャントです。
2019年の早い段階でもう一回深淵の回廊イベントが到来するとのことなので、
避けAB目線で考察を。

アルカナカードを強化してくれるのですが、
Flee型回避ABにも面白い効果を発揮してくれるので、
独立させ記事とします。(死神カードがどこにでも挿せるせいで、分類できない;;)
※※Flee型回避AB向けの記事でございます。※※


Flee型ABが気になる大アルカナカードは、ⅹⅢ番 死神カードです。
死神のカードアルカナ
アルカナ・死神カードの効果
----------
[アルカナ]と
共に装備時、追加で
Agi + 3 , Flee + 50
[ローリングカッター]で
与えるダメージ + 50%
---------
ローリングカッター強化なため、RC型ギロチン向けのカードではありますが。
もちろんアルカナエンチャントセットのFlee+50がとても大きい。

考察のポイントは以下の2つになると思います。
①どこでアルカナエンチャントをとるのか
②死神カードをなにに挿すのか



①どこでアルカナエンチャントをとるのか


悩ましいポイントであります。
今後アルカナエンチャントを付与できる装備は増えるのではという見立てがありますが。
現状の装備で考察します。


ルドのロールペーパー
・盾① +8ルドのロールペーパー
 競合 A-Fleeつきエクセリオンシールド(最大Flee+50)
    金剛石の盾(最大Flee+40)
    スクトゥム(最大Flee+6)

評価:盾自身にFleeアップの効果がないため、
Fleeを気にするなら候補にしにくい。
が、恐ろしく軽いというメリットはある。
退魔ABも持っている場合ルドのロールペーパー自体の効果をあてにできる。
(MEでもそこそこ発動するため、連打するアドラやジュデ型にはそこそこ有用)


禁忌の魔道書
・盾② 禁忌の魔術書
 競合 A-Fleeつきエクセリオンシールド(最大Flee+50)
    金剛石の盾(最大Flee+40)
    スクトゥム(最大Flee+6)

評価:盾自身にFleeアップの効果が低いため、
Fleeを気にするなら候補にしにくい。
盾自体の効果も支援AB向きではない。

#ご指摘があり、そもそもABが装備できない!ため、取り消し線を入れておきます。


浮遊するジオイア
・頭装備下段 浮遊するジオイア(AGI+1が理想)
 競合 Flee+5つきロイヤルマント
    Flee+10つきオープンエアヘッドフォン
    Flee+10つきエクスプロージョンガム

評価:詠唱妨害不可を下段でとっている場合、
詠唱妨害不可を別の場所でとらねばならない。

他の装備で詠唱妨害不可を実現できるなら、向上するFleeを考慮すると最有力候補となる。
エンチャントは魔力1やディレイカットを狙いたいところ。
大規模レイド・ティアマト攻城戦で入手およびエンチャ可能。


魔呪のブーツ
・靴① +8魔呪のブーツ
 競合 A-Fleeエクセリオンレッグ(最大Flee+50)
    金剛石の靴(最大Flee+40 )
    Flee+50付近のディーヴァシューズ
    MVPセニア挿し名も無き剣士のブーツ(最大Flee+150)

魔呪のブーツは優秀であるがFleeが靴自体の性能で上昇しない。
靴自体がFleeの底上げにつながる装備が多く、
DEFや耐性も取れる品があるため、候補にしにくい。
他職で魔呪のブーツ+アルカナがとても有効であるため、
ABでも流用するというのであれば、良い候補であるといえる。


エルヴィラブーツ
・靴② +8エルヴィラブーツ
 競合 A-Fleeエクセリオンレッグ(最大Flee+50)
    金剛石の靴(最大Flee+40 )
    Flee+50付近のディーヴァシューズ
    MVPセニア挿し名も無き剣士のブーツ(最大Flee+150)

靴の性能にFleeアップがないためと、AB向けではないため候補になりにくい。


降霊術士のドレス
・鎧 降霊術師のドレス
 競合 Flee+15 属性ディーヴァローブ
    光速エンチャントつきブレイブスーツ(+時魔術師の指輪)Flee+40

評価:競合装備のFlee向上が低いまたは2か所装備を使うため、
下段よりもこちらを推したいところ。
が、古龍ジラント産のアイテムであるため、価格が高すぎる。
おそらくFleeアップのために入手したと言うと、周囲が呆れ顔になるレベル。


古代龍の宝冠
・頭上段 古代龍の宝冠
 競合 ライオットチップ(A-Fleeとのセットの場合最大Flee+15 )
    ダークハンド
    薄月夜
    カプリコーンダイアデム


評価:ソーサラ向けの頭装備であり、Fleeアップの効果はないが、
   スロットに魔神の迅速3を挿せばFleeも多少稼げぐことができる。
   既存の頭上段装備自体単体でFlee+20程度しか確保できないため、
   アルカナを保持する対象となる。


降霊術士の外套
・肩 降霊術師の外套
 競合 ヴァルキリーマント
    エーギルマント
    古代モロクのショール

評価:競合のFlee向上性能が高すぎるため、
   Fleeが上がらない装備のため候補になりにくい。
   ただし、風と火の両方の耐性を取りやすい装備のため、
   両属性攻撃が同時にあるようなマップでは重宝する。
   高精錬にして属性耐性を高めた上で、クラーケンカードを挿すと、
   火50、水10、風50、インデュア状態、Flee+110とかいう気持ち悪い肩装備に化けうる。

#この点もご指摘があり、クラーケンcとの効果をエーギルマント込みの誇大な数値に初期してました。
#訂正しておきます。


猛炎と白魔の指輪
・アクセサリ 猛炎と白魔の指輪
 競合 支援をする上で必要なアクセ群
    治癒つきアクセ、大司教1,2アクセ、戦乙女の雫など
    Fleeアップ系アクセ 敏捷のグローブ、俊敏のグローブなど
    完全回避系アクセ 長司祭の指輪、強運のグローブなど
    耐性補助 エーギルリングなど

評価:入手難(高い)のはおいても基本性能が支援にとっても十分高いため、
対象となりうる。が、高い。他職(RKなど)で有効活用しており、
ABでも流用するのであれば候補になりうる。
    


アルカナ付与選定のポイント


総合的にFleeが向上するか。
通常支援や耐性に大きな悪影響を与えないかがポイントとなる。

新しいアルカナエンチャントつき装備を採用したことで。
・詠唱妨害不可ができなくなってはいないか。
・種族、サイズの防御耐性が失われはしないか
・状態異常耐性が失われはしないか
・DEFやMAXHPが大きく下がることはないか
・属性耐性が大きく下がらないか
・競合装備と挿しかえることでかけたコストの割に若干のFlee向上でとどまることはないか。


これらを総合すると、詠唱妨害不可を頭上段などに逃がすことができれば、
頭下段装備のジオイアが無難かつFleeアップにつながる装備といえる。
浮遊するジオイア
入手できるのであれば、降霊術師のドレスも有効なアルカナエンチャント装備として優秀。
降霊術士のドレス



②死神カードをなにに挿すのか



死神カードは他のアルカナカードと同様にどこにでも挿せるという特性がある。
ゆえに、どこに挿すかが悩ましい要素となる。
上述の、アルカナ付与選定のポイントと同様に、
通常支援や耐性に大きな悪影響を与えないかが考慮点となる。

よって。
盾は種族耐性などが重要なため、考慮から外す。
鎧も凍結耐性や属性鎧が重要であるため、考慮から外す。


既存の有用なカードセットがささっていなく、
現在魔神の迅速などですこしでもFleeアップしている箇所がよいと思われる。


ライオットチップダークハンド薄月夜
頭上段:ライオット、ダークハンド、薄月夜など
これらに魔神の迅速3などを挿している場合、挿しかえる対象となる。
が、スタン耐性、睡眠耐性、混乱耐性などのカードを有効活用している場合、
挿しかえるべきではない。


ニーヴバレッタグラス
頭中段:ニーヴバレッタ、sグラス
中段装備のスロット付はスタン耐性、混乱耐性などの耐性カードを挿したいところ。
が、すでに所有している場合、頭中段はとても有効な対象となる。
中段自体単体でFlee+10程度のエンチャしかできないため、挿しかえることで、
全体的なFlee向上にはもっとも効果が大きい。


ヴァルキリーハンマー日月神示
武器:スロット4の武器ならば魔神の迅速3を四つ挿すことで、有効なFlee装備になっている。
そのうち1つのスロットを死神カードに挿しかえることで、Flee89の武器になる。
ABが装備可能で、武器そのものに強力なFleeが付いているものが存在しないため、
武器はとても有効な対象となる。

<お勧めできない>
鎧:属性耐性、ノックバック耐性、凍結耐性など優先すべきものが多いため、
装備候補としては対象とすると支援に支障をきたす。


<お勧めできない>

盾:属性耐性、種族サイズ耐性など優先すべきものが多すぎるため、
装備候補にしてはいけない。


ディーヴァシューズ金剛石の靴
靴:ディーヴァシューズ、金剛石の靴
魔神の迅速3を挿してまでFleeアップしている場合、挿しかえる対象としては
非常によい。HPアップやSPR補助のカードを挿している場合は、耐久や継戦能力と相談。
MVPセニア挿し名も無き剣士のブーツ以外では大きなFleeアップが達成できる。
ディーヴァシューズ(Flee+50、AGI+15)の場合、Flee118の靴となる。


<多種>
アクセサリ:俊敏のグローブ、敏捷のグローブ、ヴェスパーコア3など。
これらに魔神の迅速3をさし、Fleeアップしている場合は有効な対象となる。
ただし、支援に有用なアクセに有用なカードを挿している場合、挿しかえるべきではない。



どこにアルカナを付け、どこに死神を挿すか@筆者の場合


ながながと書きましたが。
自分の場合、すでにFleeアップ装備が充実してきているので、
頭下段の浮遊するジオイアでアルカナを付けるのが一番無難です。
下段で競合しているものはFlee+10のエクスプロージョンガムになるため、
Fleeが純粋に‐10下がります。
下段で詠唱中断不可をとっていたので、上段のライオットチップでとる必要がでました。
この2点がデメリット。

スロットが4つある武器死神カードを挿しました。
魔神の迅速3が3つで、Flee+36これに、死神カード(+アルカナ)でFlee+53
合計でFlee+89となります。(挿しかえる前はFlee+48)

デメリット分の差引で、最大Fleeは+31ということになります。
置き換えることにより置き換え前の装備にFleeアップ装備が含まれる場合、単純に純増とならないのがポイントです。


浮遊するジオイアへのエンチャントの拡張などが来て、それにFlee+5なりFlee+10などが含まれた場合、
血眼になって、エンチャする羽目になりそうです。

また、将来的に時魔術師の指輪を手に入れ光速エンチャ付鎧とのセットでFleeアップが図れるようになった場合、
あたま中段にsグラスなどを導入し、sグラスに死神カードを挿すことになると思います。
(現在使っているメモリーオブラバーとヴェスパーコア3との挿しかえ。
メモリーオブラバーとヴェスパーコア3(魔神の迅速3)とのセットがFlee+42と高い効果を持つため、
挿しかえてもほとんどFleeは増えないのですが、ブレイブスーツのMAXHP増加と、
時魔術師+光速のディレイカット
がとても支援としては魅力的なため、挿しかえる方針でいます)



死神カードを挿す時に。
あまりFleeアップ装備が充実していない場合は、
武器、靴、アクセが状態異常耐性にも影響を与えず
Fleeアップを効果的に享受できる対象となると言えます。
ティアマト攻城戦でひょっこりアルカナ付装備が手に入った場合、
死神カードとの組み合わせでもFlee上がりますよ!という思いで記述しました。

AB的にはアドラ強化の隠者以外はもちろんですが、死神カード以外にも、
正義のカード(どこでも挿せる上にDEF300アップ)なども支援的には面白いです。
多少Flee下げても導入する価値はあります。
正義カードと死神カードをそれぞれ挿していても、両方アルカナとセットで効果を発揮できるため。
せっかくアルカナ付き装備を導入しているのだし。
両カード導入というのもとても面白いのではないでしょうか。

WHAT'S NEW?